お金で人生は弾む

お金で人生が弾むと信じ、お金の話題を中心に書いています。インデックス投資の積み立て状況や家計簿を公開しています。

投資信託を退職金やボーナスのようなまとまったお金で一括購入するべきか?|投資信託の購入方法を考えてみる

【スポンサーリンク】

f:id:kuchibashi222:20170610162441j:plain

投資信託の購入方法は2つあります。

一つはまとまったお金で購入する「スポット投資」、もう一つは僕が実践している「積み立て投資」です。

今回は退職金やボーナスのようなまとまったお金が入ってきたときは、どのように投資信託を購入するのが良いか考えてみます。

スポット投資は悪いことではない

僕は長期的な資産形成を目的として、投資信託の積み立て投資を実施しています。

スポット投資はしたことがありませんが、決してスポット投資が悪いとは考えていません。

そもそも投資とは、まとまったお金を運用した方が短い期間で資産を増やすことができるものです。

例えば、僕が100万円を一度に投資し、お金持ちの人が1億円を同じ年率5%の投資信託を購入するとします。

1年後、僕が5万円を得ている間に、お金持ちの人は500万円を稼いでいることになりますね。

もし10億円の運用資金があれば、年率1%の利回りだとしても1,000万円の利益を得ることができます。

ですので、これだけ運用資金を確保できる人であれば、リスクの低い投資信託へスポット投資するだけでも大きなメリットがあります。

積み立て投資はまとまったお金がなくてもできる

積み立て投資は、「基準価額が上がっても嬉しい、下がっても嬉しい」と考えられるのが良いところです。

自分が保有している投資信託の基準価額が上がれば、誰でも嬉しいと思います。

一方で基準価額が下がってきたときはどうでしょうか?

スポット投資をしている場合は、投資信託が値下がりして取得金額を割り込んでしまうと「損してる…辛い」とネガティブになってしまいます。

しかし、積み立て投資であれば基準価額が下がっても、購入できる口数は増えるので下がっても嬉しい状態になります。

スポット投資はタイミングが難しい

スポット投資は文字通り、あるタイミングで投資信託を購入することです。

価格がどんどん下落しているときに、タイミングを計って投資信託を購入できるほど度胸がある人は少ないと思います。

また、投資信託は今現在の基準価額が安いのか高いのかわかりにくいという特徴もあるので、投資信託のスポット投資は非常に難しいと思います。

一方で、積み立て投資であれば買っていることをほぼ意識せずに済むので、購入タイミングがわからない僕のような人でも有効な投資方法になります。

まとまったお金が入ってきたときはどうするべきか?

退職金、遺産相続、宝くじなどまとまったお金が入ってくることは誰にでもあり得ます。

ただ、今回はボーナスで考えてみます。

投資信託で積み立て投資をしている僕は、今年からボーナスにも働いてもらおうと考えています。

ボーナスは夏と冬の年2回で入ってくるので、20万円ずつ投資信託の積み立てに充てようと思っています。

毎月の積み立て:5万円×12ヶ月=60万円 ボーナスの積み立て:20万円×2回=40万円 合計:100万円

ボーナス1回で20万円の積み立てにしようと考えている理由はかなり単純ですが、僕は1年間で100万円の貯蓄をしていきたいと考えているためです。

結婚や子供ができることによってこの投資金額をキープできなくなるかも知れませんが、今のうちに働いてもらえるお金を増やしていこうと思います。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

スポット投資はするべきでない投資方法というよりも、僕のような元本が用意できない人にとっては「難しい投資方法」だと考えています。

もし、1億円くらいの大きなお金が手に入ればスポット投資もしてみたいと思いますが、今のところ予定はないので積み立て投資を毎月確実に実施していこうと思います。

何か一つでも参考になれば幸いです。

【スポンサーリンク】