お金で人生は弾む

お金で人生が弾むと信じ、お金の話題を中心に書いています。インデックス投資の積み立て状況や家計簿を公開しています。

投資信託は基準価額が低いほど割安なので1万円割れのファンド選ぶべき?それって本当でしょうか?

【スポンサーリンク】

f:id:kuchibashi222:20170702201417j:plain

 

くちばしです。

基準価額が12,000円の投資信託と8,000円の投資信託であればどちらのファンドを買うのが正解だと思いますか?

個人投資家の中には「投資信託は基準価額1万円からスタートしているから、基準価額が上昇しているファンドを買うべき!」と言う人もいれば、「1万円を割り込んでいるファンドは割安なので買うべき!」と言う人もいます。

実際、基準価額では投信の割安・割高や良し悪しは判断できるのでしょうか?

 

 

基準価額が高い投信ほど好成績というわけではない

まず、投資信託には『純資産総額』と『基準価額』が設定されています。

純資産総額とは、投資信託が投資家から集めた資金とその運用成果を合わせて時価で評価した金額のことを指します。(運用コストの信託報酬などを差し引いた後に評価します。)

そして、純資産総額を口数で割って1万倍したものが基準価額です。

(ファンド設定時に1口=1万円の場合は1口の時価評価です。)

純資産総額は、投資信託が投資している資産価格の変動で日々変化し、その影響を受けて基準価額も毎日変化しています。

基準価額は投信の設定日や分配金の有無で変わる

基準価額だけで投資信託を選ぶべきではない理由の一つとして、投資信託の投資先が違うと基準価額も全く違った値動きをするからです!

それであれば、「同じタイプの投資信託であれば、基準価額で選んでいいの?」と思うかもしれませんが、それも間違っています。

同じタイプの投資信託でも設定日が異なれば基準価額で一概に比較することはできません。

例えば、日本株に投資する2つの投資信託があったとして、日経平均株価が1万6千円の時に設定された投資信託と、日経平均株価が8,000円の時に設定された投資信託では、基準価額が大きく異なります。

さらに、基準価額は投資信託が分配金を出すかどうかでも違いが出ます。

分配金を出す投資信託であれば、分配金を出せば出すだけファンドの基準価額は下がります。

つまり、投資信託を基準価額で選ぶことができるのは、同じタイプで同じ日に設定されたものであり、さらに分配金の有無の影響を排除した場合に限られます!

実際に、日経平均株価やTOPIXのような指数に連動する投資信託の基準価額の動きを図表で作成してみました!

f:id:kuchibashi222:20170702203133p:plain

こちらの図表は、ある指数の推移を示しています。

下にある図表は全てこちらの指数を基準にして作成していますので、照らし合わせてご覧下さい。

 

f:id:kuchibashi222:20170702203320p:plain

A時点で設定された上の指数に連動する無分配型投信の基準価額は、1度大きく上昇した後、2回ほど1万円割れもありましたが、その後相場全体が回復したことを受けて設定時を上回っています。

基準価額は上の指数に連動して、同じ動き方をするのが特徴です。

 

f:id:kuchibashi222:20170702203707p:plain

こちらの投資信託の場合は、A時点で設定されましたが、途中で1,000円の分配を実施したため基準価額が下がり、上の無分配型の投信の基準価額を下回っています。

ただし、分配金を受け取っているので短期的に見れば成績は同じです。

 

f:id:kuchibashi222:20170702203953p:plain

指数が高値を付けたB時点で設定された投資信託は、上2つの投信と同じように指数に連動する動きをしていても、基準価額が1万円割れになります。

投資信託の基準価額は設定時期で変わってきます。

基準価額が高い投信は割高というのも間違い

投資信託では、ファンドマネジャーが割高と判断した銘柄を売却し、割安と判断した銘柄を買うことを繰り返しているので、基準価額が上昇している投信を割高と考えるのも間違いです。

同じ日に設定された分配金を出さない2本の日本株投信の場合は、基準価額が高い投信の方が運用能力に優れていると判断することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

色々と書いてきましたが、「投資信託の基準価額は設定時期や分配金の有無によって変わるので、投資信託の割安・割高や良し悪しを判断する指標にはならない」という結論です。

「何を当たり前のことを書いているんだ!」と言われるかもしれません。

しかし、僕がインデックス投資を始めたときに「どうして同じようなファンドなのにこんなにも基準価額が違うんだろう?」と疑問に思った経験から今回の記事を書かせていただきました。

リマインドとして読んでいただいた方や、これから投資信託での資産形成をする方の参考になれば幸いです。

【スポンサーリンク】