お金で人生は弾む

お金で人生が弾むと信じ、お金の話題を中心に書いています。インデックス投資の積み立て状況や家計簿を公開しています。

平成29年度の住民税が決定!住民税の詳細と昨年からどれくらい上がったか報告します

【スポンサーリンク】

f:id:kuchibashi222:20170623232630p:plain

くちばしです。

 

先日、会社を通じて『平成29年度 給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定・変更通知書(納税義務者用)』が届きました。

 

長い!!!

 

正式名称が長過ぎて何のことだか分かりにくいですが、要するに「今年度の住民税がいくらになるか教えるね」ということです。

 

東京都23区民の場合は、「区民税・都民税」と表記されていると思います。

僕は転勤に伴い、住民票を移してしまっているので県民です。 

ということで、今回は今年度の住民税がいくらになったのかを書きます。

 

 

平成29年度の住民税はいくら?

結論から書くと、2017年6月~2018年5月の住民税は市民税と県民税を合わせると231,600円です。

今年度と昨年度を比較し、増加額をエクセルにまとめてみました。

f:id:kuchibashi222:20170624100839p:plain

昨年度から年間で42,000円の増税です…。

確かに源泉徴収を見ると、昨年よりも60万近く年収が上がっているので仕方がないかも知れませんが、それにしても厳しい増税です。

 

ただ、以下の金額が控除された上での住民税額になっています。

  • 企業型確定拠出年金:15,000円×12ヶ月=180,000円
  • ふるさと納税:38,000円

もしどちらもやっていなかったとしたら、さらに住民税が高かったことは間違いありません。

この2つはやはり節税対策としてやっておいて良かったですし、今後も必ずやっていこうと思います!

 

ちょうど先日、ふるさと納税について記事を書いたのでコチラもご覧下さい。

www.life-jump.com

 

また、企業型確定拠出年金についても詳細を書いています。

www.life-jump.com

まとめ 

いかがでしたでしょうか?

年収増加に伴い住民税は高くなりましたが、確定拠出年金とふるさと納税で何とか抵抗した結果が今年度の住民税に反映されたのかなと思います。

 

「縁もゆかりもない場所へ税金納めてるんだから、もっと発展させるよう努力してよ!」というのが正直な気持ちです。

もちろん僕以上に税金を納めている人はごまんといるのは承知しています。

ただ、税金を払っている以上、無駄遣いせずに有効活用して欲しいと考えているのはみんな同じ気持ちのはずです!

 

話は逸れましたが、今年度の住民税は僕にとっては痛い増税でした。

サラリーマンとしては数少ない節税対策であるふるさと納税を、最大限活用していこうと再認識した住民税通知でした。

 

何か一つでも参考になれば幸いです。

 

過去記事で転勤のメリット・デメリットについても書いています。

www.life-jump.com

 

また、田舎暮らしについても過去記事で書いていますのでぜひご覧下さい。

www.life-jump.com

【スポンサーリンク】