お金で人生は弾む

お金で人生が弾むと信じ、お金の話題を中心に書いています。インデックス投資の積み立て状況や家計簿を公開しています。

【ふるさと納税】今までに届いたお礼の品をまとめて紹介します!今年はいくら寄付できるかシミュレーションしました

【スポンサーリンク】

f:id:kuchibashi222:20170622153709p:plain

 

くちばしです。

 

僕は2015年からふるさと納税をし始めて、今年で3年目になりました。

ふるさと納税に『~年目』という言い方が適切なのかはわかりませんが…。

 

始めたきっかけはやはり、「税金を安くしたい!」という思いからです。

タイミング良く2015年の半ばからワンストップ特例が始まり、確定申告をしなくても済むようになり、取っつきやすくなったことでした。

 

ちなみに、僕がいつも利用しているサイトは『ふるさとチョイス』です。

画像が多く、ページ表示が若干重たいのですが、納税先やお礼の品の種類は豊富です!

 

今回は僕がふるさと納税をして、返礼品として届いたお礼の品を紹介していきます。

 

 

2015年 お礼の品

SKY Restaurant 634ランチ「粋コース」ペア利用券

f:id:kuchibashi222:20170622133006j:plain

(引用:SkyRestaurant634 | 株式会社セリュックス ホールディングス

 

僕が初めてふるさと納税をして、届いた商品は『SKY Restaurant 634ランチ「粋コース」ペア利用券(展望デッキ入場券付き)』で、50,000円の寄付でした。

東京スカイツリーということで寄付先は東京都墨田区です。

 

2015年12月に駆け込みでふるさと納税を行ったので、あれもこれも選んでいる時間がなかったため、1点集中で返礼品を選びました。

 

f:id:kuchibashi222:20170622134029p:plain

 

上の写真のように、スカイツリーの高いところにあるレストランということで、ランチの時間帯はとても見晴らしが良く、特別感がありました!

このふるさと納税ではランチのペアチケットだけでなく、スカイツリー展望デッキへのペアチケットも付いてくるのでご飯を食べ終わった後にゆっくり観光することもできます!

 

ということで、ふるさと納税で届くペアチケットを使うと、通常5,000円の『粋コース』を無料で堪能できます。

ドリンク代は別になるのですが、生ビール1,080円、グラスシャンパン1,620円と高めの値段設定になっていたのを見て、目玉が飛び出そうになるほど驚愕したのは忘れません…。

 

とても人気のレストランなので、もし行かれる場合はあらかじめ予約しておくことをおすすめします!

2016年 お礼の品

ここからは2016年に行ったふるさと納税で届いた商品です。

米沢牛すき焼き・しゃぶしゃぶ用(450g)

f:id:kuchibashi222:20170622144744p:plain

 

山形県長井市へ10,000円の寄付で『米沢牛すき焼き・しゃぶしゃぶ用』をいただきましたが、これは自分用ではなく実家に送りました。

ふるさと納税は両親へのプレゼントにも使うことができるので、ちょっとした親孝行としてはとても良いですよね!

根室海鮮市場ずわいがに脚(2㎏)

f:id:kuchibashi222:20170622145337p:plain

 

北海道根室市へ10,000円の寄付で『根室海鮮市場ずわいがに脚』をいただきましたが、こちらも実家の両親へ直送しました。

 

昨年は「お肉とカニが食べたい!」という両親のリクエストに応えました!

北菓楼 きたかろう

f:id:kuchibashi222:20170622145522p:plain

 

北海道砂川市へ10,000円の寄付で届いた『きたかろう』です。

北菓楼と言えば、『開拓おかき』が有名ですが、その他のお菓子も詰め合わせで入っているバラエティパックです。

 

僕は北海道がとても好きなので、ふるさと納税の納税先を探す時はいつも優先的に北海道から選んでしまいます!

ガトーフェスタハラダ ガトーセレクション

 

f:id:kuchibashi222:20170622145639p:plain

群馬県高崎市へ10.000円の寄付で『ガトーフェスタハラダのガトーセレクション』が届きました。 

ガトーラスク『グーテ・デ・ロワ』がとても有名ですよね!

ガトーセレクションはグーテ・デ・ロワをはじめ、グーテ・デ・プリンセスなど多彩な洋菓子が楽しめるセットです。

 

独身男性らしからぬ選択かもしれませんが、ガトーフェスタハラダのお菓子が好きなので、とても美味しくいただきました!

今年はいくら寄付できる?

最後に、今年はいくらの寄付が可能かふるさとチョイスでシミュレーションをしてみました。

 

f:id:kuchibashi222:20170622151827p:plain

 

今年の源泉徴収はまだ確定していないので、おおまかな年収と社会保険料を入力したところ、およそ70,000円の寄付までであれば、自己負担が2,000円で済むようです。

まだシミュレーションをしていない方はぜひ試してみて下さい!

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション

まとめ

いかかでしたでしょうか?

僕はまだ独身なので、あまり有効活用できていないかもしれませんが、家族がいれば普段の食料品を節約することができるはずです。

 

また、サラリーマンはなかなか節税対策ができない中で、ふるさと納税はサラリーマンでも大々的に節税をすることができる素晴らしい制度です。

 

今までやったことがない人はネットショッピング感覚で試してみるのはいかがでしょうか?

今年はまだふるさと納税を実施していませんが、お礼の品や節税対策で必ず寄付はするので、なにかおススメのものがあれば教えて下さい!

 

何か一つでも参考になれば幸いです。

【スポンサーリンク】