お金で人生は弾む

お金で人生が弾むと信じ、お金の話題を中心に書いています。インデックス投資の積み立て状況や家計簿を公開しています。

2017年夏のボーナスが支給されました!製薬会社に勤める入社5年目の支給額や使い道を紹介します

【スポンサーリンク】

f:id:kuchibashi222:20170711130736p:plain

 

くちばしです。

先日、夏のボーナスが支給されました!

ブログを始めて最初のボーナス支給なので、この機会に公開します。

今回の記事では、全国の平均支給額や僕のボーナス支給額を紹介します。

 

 

2017年夏のボーナス平均支給額は?

f:id:kuchibashi222:20170710151641p:plain

(引用:2017年夏ボーナス平均支給額ランキング [2017年夏のボーナス120%活用術 - 仕事・給与] All About

全産業の2017年夏ボーナスの平均支給額は、83万9560円で2016年よりも若干減少しています。

背景として、製造業が前年比3%減と落ち込んでいることが影響しているようです。

 

業界別のボーナス平均支給額

 業界別にボーナス支給額を見ていきます。

f:id:kuchibashi222:20170710151848p:plain

(引用:2017年夏ボーナス平均支給額ランキング [2017年夏のボーナス120%活用術 - 仕事・給与] All About

製造業のボーナス支給額が前年比減となったとは言え、それでも自動車・部品業界が最も高い支給額で全体を牽引しているのが分かります。

僕が所属している業界は『医薬品』なので、平均支給額はおよそ808,000円のようですが、前年よりもマイナス5%になっています。

ただ、これらはあくまでも上場企業や大企業のデータに基づいたランキングなので、全企業を含めると平均支給額はこれ以上に下がることは間違いありません。

 

入社5年目で支給額はいくら?

さて、ここからは僕がもらったボーナス支給額の紹介です。

数字を丸めて大まかに紹介しますが、誤差はほとんどありません。

 

総支給額:940,000円

手取り額:760,000円

 

新卒入社5年目の夏のボーナスは過去最高額でした!

僕自身の評価以上に会社の業績が良かったため、予想していた以上のボーナス支給額になっています。

18万円も控除されてしまうのはやはり納得し難いですが、26歳でこれだけのボーナスをもらうことができているので十分だと僕は考えています。

僕が務める会社は基本的に夏と冬のボーナスは同額の支給なので、12月のボーナスも同じ額を期待することができそうです。

 

ボーナスの使い道は?

今回のボーナスの使い道は2つです。

インデックス投資で20万円を積み立てる

前から宣言していましたが、ボーナス時の積み立てを今回初めてしようと思います。

全額を銀行預金で眠らせておくのはもったいないので、毎月のインデックス投資の積み立てにプラスします。

結婚準備金に充てる

2つ目は、今後やってくる結婚に備えて貯めておこうと思います。

インデックス投資へ積み立てる以外のお金を貯めておけば、婚約指輪と結婚指輪分の資金になると思いますし、何かとお金がかかるシーンで対応できるかなと思います。

 

まとめ

以上、製薬会社に勤める20代サラリーマンのボーナス支給額と使い道でした。

昨年は夏のボーナスでグランドセイコーを購入して、ほとんど残らなかったので今年は十分残すことができそうです。

というよりも、あまり欲しいものがないので、使い道を探すのをやめたというのが正直なところです。

「1年に2回のボーナス支給はサラリーマンの特権だなあ」と考えているので、ボーナスあるうちはセミリタイアやアーリーリタイアをしようとは全く思わないです。

次回のボーナス支給を楽しみに、引き続き仕事を頑張っていきます!

 

▼こんな記事も書いています

www.life-jump.com

 

www.life-jump.com

 

【スポンサーリンク】