お金で人生は弾む

お金で人生が弾むと信じ、お金の話題を中心に書いています。インデックス投資の積み立て状況や家計簿を公開しています。

物価2%の上昇はなぜ必要なのか?デフレが経済的に好ましくない理由を紹介します

【スポンサーリンク】

f:id:kuchibashi222:20170605231817j:plain

くちばしです。

政府はデフレ脱却を掲げていますが、なかなか物価は上がりませんね。

そもそも、僕のような20代の世代は物心がついた頃からデフレに突入しています。

今から物価が上がるのか疑問なうえ、物が安く買えるのは良いことだと思います。

ただ、確かに物が安く買えることは良いことですが、「もらえる給料が減らなければ」と仮定した場合に限ります。

【スポンサーリンク】

デフレは投資や消費を抑制する

景気が悪いときは本来、金利を下げてお金を借りやすくし、企業や家計が投資や消費をできるようにする必要があります。

しかしながら、物価が下がっているデフレ下だと、名目金利が変わらなくても実質金利は上昇し、投資や消費を抑制してしまいます

デフレ下の借金はリスクが増える

通常は物価が変動しても、返済しなければならない額は変わりません。

しかし、物価が下がれば実質的な負担額は増えてしまい、個人の破産や企業の倒産リスクが高まります。

日本国内でデフレが続く理由を解明するのは簡単ではありませんが、景気が良いからデフレになるのか、デフレだから景気が悪くなるのかは意見が分かれるところではないでしょうか?

お金を増やすだけでは物価上昇しない

日銀は現在、大胆な金融緩和による物価上昇を目指しています。

「モノに比べてお金が足りないからデフレなのであり、お金の流通量を増やせばインフレになる」という考えのもと、政策を打ち出しています。

そもそも日銀の使命は物価の安定を図ることです。

物価上昇率が前年比0%で良いのではないかと思いますが、2%と比率を掲げるのには理由があります。

0%を理由にしていると、何らかの要因により再びデフレに陥ってしまうかも知れません。

さらに、物価の指標となる消費者物価指数は、実態よりも1%ほど高く出る可能性があるため、1%以上の正の領域にある必要があるのです。

日本以外の国でも物価上昇率は2%を目指している

他国の中央銀行も2%の物価上昇率を目指すケースが多いことも背景にあります。

もし日本だけ0%を目標にした場合、他国だけインフレが進むことで相対的に円の価値が高まり、円高になってしまいます。

まとめ

金利がゼロに近い理由は、お金が潤沢にあり、その価値がゼロに極めて近いという意味です。

すなわち、お金の量を増やしても何も変わりませんので、異次元緩和やマイナス金利のような手段では物価は変わらないのです。

デフレを脱却する手段としては、企業が賃金を引き上げる努力をし投げれば何も始まらないのではないでしょうか?

ボーナスなどを含めた「年収ベース」での賃金上昇が必要不可欠であると僕は考えています。

何か一つでも参考になれば幸いです。

【スポンサーリンク】