お金で人生は弾む

お金で人生が弾むと信じ、お金の話題を中心に書いています。インデックス投資の積み立て状況や家計簿を公開しています。

初めての投資でも失敗しない7つの鉄則|この7つを守れば投資は怖くない!

【スポンサーリンク】

f:id:kuchibashi222:20170610163559j:plain

「投資って怖い」と思っている人は少なからずいるかも知れません。

しかし、最初から大きく儲けようとせずに少額から投資すれば大失敗を回避できます。

今回は僕が考えているルールと実践している方法を紹介します。

まずは少額で一歩踏み出してみる

慎重なのは良いことですが、石橋を永遠に叩いていては投資を学ぶことはできません。

相場の動き方や投資をして初めて気付くことがたくさんあります。

僕は毎月5万円を積み立てているだけなので、決して大きな元本で投資を始めているわけではありません。

今の時代は少額から投資をすることができるので、まずは一歩踏み出してみることが大事です。

少額で買える商品を選ぶ

初心者の多くは、最初からトヨタ自動車などの有名企業の株に投資するイメージがあると思います。

例えば、トヨタ自動車の株価は6,143円です。(5月3日現在)

売買単価は100株なので最低でも614,300円の投資元本が必要となります。

トヨタ自動車に限らず個別株は全体的に購入単価が高く、リスクも高くなってしまいます。

まずは1万円などから購入することができる投資信託でトライしてみることをおススメします。

証券会社にもよりますが、投資信託であれば500円から積み立てられるものもあります。

元本保証型の商品も組み合わせる

将来何が起こるかは誰にも予測できないので、リスク商品に全額を投じるのはこわいですよね。

万が一に備えて、元本保証の個人向け国債のような無リスク商品をポートフォリオに組み合わせて投資するのも立派な手法です。

僕は個人向け国債を積み立てていませんが、投資信託で毎月10,000円の国内債券ファンドと確定拠出年金で毎月15,000円を積み立てています。

国内債券はリターンが少ないですが、リスクも少ないのでお気に入りの商品です。

一時的に下がってもすぐに止めない

短期的に値動きを見ると、一喜一憂してしまいます。

特に僕が個別株を見ていたときは、仕事中でも値動きが気になって仕方なかったです。

また、短期的に売買すると資産をすぐに減らしてしまうリスクもあります。

もちろん凄腕デイトレーダーも世の中には大勢いますが、初心者におススメできる方法ではありません。

一方で、積み立て投資であれば下落局面があったほうが将来的に有利になります。

20年、30年のように長期で資産を形成することを考えると、楽な気持で投資をすることができます。

買うタイミングを数回に分ける

退職金やボーナスなどで大きなお金が入っても一気に投資してはいけません。

なぜなら、相場の買い時と自分の買うタイミングはズレていることが多いからです。

「毎月~円積み立てる」というように買い時を数回に分けて投資をすることで高値掴みを回避できます。

また、ドルコスト平均法を活かすことができるので将来的に利益を出せる可能性が高まります。

手数料にこだわる

投資信託を購入するときは販売手数料や信託報酬(保有中にかかる手数料)に注意しましょう。

相場に連動するインデックス投資信託は、信託報酬の影響が長期の成績に直結します。

数あるインデックスファンドの中から、信託報酬が最も低いものを選ぶのが基本です。

大儲けしようとしない

「たくさん儲けたい!」と思うことは人間であれば自然なことです。

しかしながら、欲張って相場を張ってしまうと、リスクを取り過ぎてしまいます。

長期でコツコツ投資を継続することで、リスクを分散することができます。

最初からリスクを取り過ぎて、投資資金がなくなってしまっては本末転倒です。

ぜひ欲張らずに「少しずつで良いんだ」という意識で投資にトライして下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は初めての人でも失敗するリスクを減らせる方法を紹介しました。

まずはインデックスファンドに投資してみることで、経済ニュースが気になり始めると思います。

少しずつ積み立て投資をしながら勉強していくことで、焦らずにしっかりと学ぶことができるはずです。

何か一つでも参考になれば幸いです。

 

【スポンサーリンク】