お金で人生は弾む

お金で人生が弾むと信じ、お金の話題を中心に書いています。インデックス投資の積み立て状況や家計簿を公開しています。

セルフメディケーション税制ってなに? | 年間12,000円から市販薬が医療費控除の対象になる

【スポンサーリンク】

f:id:kuchibashi222:20170610162733j:plain

これまで投資信託の記事を書いてきましたが、製薬会社に勤めるものとして医療に関する記事も書いていきます。

2017年の税制改正で、健康維持のために多くの方にとってメリットがある税制改正がありました。

それは「セルフメディケーション税制」です。

これは医療費控除の特例ですが、毎年確定申告をされる方だけでなく、サラリーマンで毎年会社の年末調整しかしていなかった方も、このセルフメディケーション税制でメリットを受けられる可能性が高いです。

2017年1月から始まった税制であり、1月1日〜12月31日の間に購入した市販薬であれば十分間に合います!

この記事では、セルフメディケーション税制とは何なのか、どうすれば税制優遇を受けられるのか、具体的にいくら節税になるのか等を紹介していきます。

セルフメディケーション税制ってなに?

そもそも医療費控除ってなに?

医療費控除とは「年間10万円を超える医療費を払ったら、その分に関しては所得から控除するよ」というものです。

例えば、年間20万円を保険医療機関で支払うと10万円を所得から控除してくれるものです。

しかし、1年間で10万円の医療費を保険医療機関で払う方は、そこまで多くないのではないかと思います。

ただでさえ、国民皆保険制度により3割負担(75歳以上は1割負担)ですので、1年間で30万円近くの自己負担を医療機関で支払わなければ医療費控除を受けることができません。

医療費控除を受けるには、健康な人にとってはなかなかハードルが高いですよね、

そこで、「OTC医薬品にかかった費用であれば、12,000円以上で申請していいよ」と特例として設けられたのが「セルフメディケーション税制」です。

セルフメディケーション税制とは?

従来の医療費控除制度の適用条件である年間の自己負担した医療費が10万円を超えなくても、対象となるOTC医薬品の年間購入額が12,000円を超えれば上限金額を88,000円として、健康診断や予防接種を受けた方が所得控除を受けられる新しい制度です。

名称が長いので、通称は「SM税制」なんて呼ばれたりします。

ドラッグストアで売っている風邪薬やアレルギー薬がありますよね。それらを年間で合計12,000円以上買うと、この税制優遇の対象になります。

OTC医薬品ってなに?

OTC医薬品とは、簡単に言うと市販薬のことです。

OTCとは「Over The Counter」の略語で、カウンター越しに購入できる医薬品の意味です。

つまり、ドラッグストアや薬局で販売されている市販薬のことですね。

対象となっている医薬品は、バファリンやパブロン、ロキソニンのようなテレビCMで見かける有名なものを始め、1600品目あるようです。

IMG_0014

上のようなマークが入っていれば対象になる医薬品です。

対象となる医薬品の具体的なリストは厚生労働省のHPに掲載されていますので、以下を参照して下さい。

引用:セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧|厚生労働省

税制ができた背景

この税制ができた背景については、厚生労働省が以下の発表をしています。

国民のセルフメディケーションの推進を目的としています。セルフメディケーションは WHO において「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」と定義されています。セルフメディケーションを推進していくことは、国民の自発的な健康管理や疾病予防の取組を促進することはもちろん、医療費の適正化にもつながります (引用:セルフメディケーション税制に関するQ&A)

急にWHOが出てきてびっくりしますが、「軽い病気は自分で治療しましょうね」ということです。

ただ、これは建前で本音は異なっていると思います。

医師不足、医療の過疎化、待ち時間の長時間化など様々な理由が考えられますが、セルフメディケーション税制導入の1番の理由は「医療費の抑制をするため」ではないでしょうか?

医療現場では飲み忘れによる残薬という問題がいつも付きまといます。

「まだ薬が残っているから…」

「1日3回はなかなか飲めなくてね…」と医師に言う患者は予想以上に多いです。

そして、医師の処方せんが必要な医療用医薬品はOTC医薬品と比べて高価です。

これらが積み重なり飲み忘れによる残薬は1年間でおよそ500億円になると言われています。

国の社会保障費において医療費予算は3分の1以上を占めており、逼迫する医療費を抑制することに政府は躍起になっています。

そんな背景があるのでOTC医薬品を推奨・促進しているのだろうなと僕は考えています。

ただ、OTC医薬品でカバーできる病気はそんなに多くありませんです。ましてや完治を目指すことは難しいです。

本当に体調が優れない時は必ず近隣のクリニックや病院へ行って下さいね。

控除される金額は?

僕はだいたい年間所得600万円で、対象医薬品を1年間で50,000円購入した場合を考えてみます。

なお、この購入金額には「生計を一にする配偶者その他の親族の分」つまり、扶養家族の分も含まれます。

課税される所得金額に対する所得税率は人によって異なりますので、以下を参照して下さい。

引用:知ってトクするセルフメディケーション税制|日本一般用医薬品連合会

所得控除を受ける方法は?

医薬品のレシートを保管しておく

レシートを保管しておかないと確定申告をすることができませんので必ず保管しておいてください。

引用:セルフメディケーション税制|タケダ健康サイト

健康診断や予防接種を受診する

セルフメディケーション税制を受けるためには条件があります。

それは「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」であることを証明しなければなりません。

つまり、「定期的な健康診断や予防接種を受けて、健康のために取組をしている人」が対象ということです。

この取り組みを証明するためには、健康診断の結果通知表や予防接種の領収書があれば問題ありませんので、こちらも保管しておいて下さい。

確定申告をする

仕上げは実際に税務署に確定申告書を提出します。確定申告の方法を書いているとビジーになってしまうので書きませんが、とりあえず「医薬品のレシート」と「健康診断か予防接種の受診書類」を保管して、税務署に問い合わせましょう。

注意すること!

  • 従来の医療費控除制度と同時に利用することはできません。
  • 購入したOTC医薬品の代金にかかわる医療費控除制度については、従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制のどちらを使うか自分で選択することになります。
  • 注意:12,000円を超えた金額が減税額(戻ってくる金額)になるわけではありません。

まとめ

2017年1月から始まったセルフメディケーション税制はまだまだ一般的には認知されていない税制です。今後は厚労省や健康保険組合を通じて普及されてくるかもしれませんね!

1年間で12,000円以上のOTC医薬品を購入される方はぜひ節税しましょう!

何か一つでも参考になればと思います。

もし気に入っていただければシェアお願いします!

【スポンサーリンク】