お金で人生は弾む

お金で人生が弾むと信じ、お金の話題を中心に書いています。インデックス投資の積み立て状況や家計簿を公開しています。

アセットアロケーションはどうなってるの?|僕が積み立てている投資信託のファンドを紹介します

【スポンサーリンク】

今回は僕のアセットアロケーションについて紹介します。

アセットアロケーションとは

アセットアロケーションとは、簡単に言えば分散投資のことです。

国内外問わず、株や国債のような資産に分散投資して、長期的な投資で高リターン低リスクを狙うわけですね。

もし、全財産を日本株式や日本債券だけに投資してしまったら、日本の震災時や経済破綻時には一気に資産が無くなる可能性があります。

まあそんなことはなかなかないでしょうが、、、笑

不測の事態が起こったとしても、世界全体の株式や債券にバランスよく分散投資することでドッシリと構えていられるわけです。

僕のアセットアロケーション

2016年1月から投資信託を始めて1年3ヶ月が経ちました。

現在、積立投資をしている投資信託アセットアロケーションはこちらです。

・<購入・換算手数料なし>ニッセイ外国株式インデックス・ファンド

・<購入・換算手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

・<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンダンド

・たわいノーロード先進国リート

ポートフォリオとしてはこんな具合です。

先進国に投資している割合が多いですね。

実は、昨年1年間は国内債券に40%の振り分けをしていました。

ただ、今年の1月からは上に貼り付けたアセットアロケーションのように、ある程度リスクを取ることにしたわけです。

リスクを取った理由

理由として考えたのは以下の通りです。

確定拠出年金の積立を100%国内債券にしている。 ・年齢を考えると20代なのでリスクを取る時間的な余裕がある。 ・国内債券20%でも最低限のリスクヘッジはできている。

正直に言うと、そんなに深くは考えていません!(笑)

確かに短期的な投資であれば、市場環境や経済予測し、投資先のメリット・デメリットを把握した上で投資をしなければならないと思います。

しかし、僕の投資スタイルはあくまでも長期スパンです。

数ヶ月先でさえ予想できないこの時代に、今から深く考えても10年後、20年後、30年後がどうなっているか全く予想が付きませんよね。

今からできることと言えば資産を分散して来るべき将来に備えることではないでしょうか?

そのために使えるツールが投資信託だと僕は考えています。

ぜひ参考になればと思います!

【スポンサーリンク】