お金で人生は弾む

お金で人生が弾むと信じ、お金の話題を中心に書いています。インデックス投資の積み立て状況や家計簿を公開しています。

なんで投資信託を選ぶべきなの?|投資信託は世界中に資産を分散できる

【スポンサーリンク】

f:id:kuchibashi222:20170610171329j:plain

先日の日経新聞に「長期運用向けの投信が伸びる、30~40代が資産形成」と記事が出ていました。

投資信託の購入量が増え、投資を行う現役世代が増えているようです。

なぜ、投資信託が数ある金融商品の中から選ばれるのでしょうか?

「銀行で勧められたから」 「プロが運用してくれるから」 「色んなファンドを組めるから」

様々な理由があると思います。

今回はなぜ投資信託が選ばれるのか僕なりに考えてみました。

そもそも投資信託とは?

「投資信託」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。 (引用:一般社団法人投資信託協会

?????

…えっと、もっと分かりやすく説明して欲しかったんですけど…

こういうまどろっこしいの解説は苦手なんです…

ということで、僕が考える投資信託とは「お菓子詰め放題の箱」です。

投資信託はお菓子の箱

お菓子は言い換えると、株式や債券やリートです。

箱には、大きなお菓子を1つや2つ入れても良し、小さいお菓子を4つや5つ詰めても良いです。

僕は箱に4つのお菓子を入れています。

例えば、国内株式のファンドについて考えてみます。

国内株式のファンドを保有すると、一社の株式だけでなく数十社、数百社の株式を保有することになります。

TOPIXや日経225を組み入れている投資信託は多数の銘柄を保有するため、投資リスクの分散をすることができます。

1つの銘柄を買う場合に比べて、背負う投資リスクが小さくなるのは良いです。

投資信託を購入するために必要な金額は株を買うよりも単位が低く、ほとんどのファンドは1万円から買うことができます。

1単位をもっと安く買えるファンドもたくさんあります。

投資信託とは関係なく、僕が50万円で株を買い、50万円で新興国の債券を買うと仮定します。

これだと僕の投資は2つの銘柄に集中してしまい、リスクが増大します。

投資信託は月数万円で世界中に分散投資をすることができる金融商品です!

まとめ

  • 投資信託は背負うリスクを小さくできる。
  • 投資信託はリスクを分散できる
  • 投資信託は購入単価が安いので投資のハードルが低い。

投資信託はリスクの分散と購入単価の低さが素晴らしいポイントです。

投資信託を選ぶ理由は、投資信託が投資ハードルを低くしてくれて、僕のような一般的なサラリーマンでも世界中に分散投資をすることができるからです!

何か一つでも参考になればと思います。

もし気に入っていただければシェアをお願いします!

【スポンサーリンク】